All Entries (1/30)

告白とキスによってふたたび瓦解した陽芽と美月、陽芽はリーベを辞めると宣言して…

花散る涙の陽芽が表紙です!描き下ろし増量!書店特典のほか7巻キャンペーン盛りだくさん!

7巻はシフト.32~36 +描き下ろし「純加の応援はお仕事です!」 +描き下ろし「舞さんのお仕事はお仕事です!」 +「あとがき」+「登場人物紹介」 と盛りだくさん収録しております。 今回は登場人物紹介ページも描きました。未公開だったあの人の名前も…?

書店特典漫画は「寝る前のみんな」、それぞれのパジャマ姿を描きました~

ゲーマーズ様有償特典の小冊子「私のお仕事のウラガワです!」は、 制作に関するウラガワを書いており、カラーのラフ、ネーム、下書き、などにコメントをつけた読み物です。(16P小冊子/B6) (※私のミスで普段より4P減っております。申し訳ございません。)

美月の誕生日を前にこじれる陽芽と美月。陽芽は美月にとってリーベで演じることへの想いがあったことを知る。 そして迎えた誕生日当日、今度は美月が風邪をひいてしまい…?

6巻はシフト.27~31 +描き下ろし「舞さんのフォローはお仕事です!」(6P)+「あとがき」(2P) を収録しております。

夕焼けの赤いカバーが目印です!「私の百合はお仕事です!6巻」は2020/1/17発売です!

1月
わたゆりディスプレイコンテスト

3月
百合展への参加。わたゆり休載。

5月
iPhoneが壊れて暴走。買い替える。

6月
・わたゆり5巻発売
・「ゆるゆり10周年記念本 ゆるゆりX」にカラーイラスト1枚
・「ゆるゆりアンソロジー 10周年記念ver. 」に漫画を8P
・カヌレ スール百合アンソロジー」のカバーイラスト


8月
百合ナビ様 第3回百合漫画総選挙にてわたゆり 5位

百合ナビ様 第3回百合漫画総選挙

9月
わたゆり休載

10月
なもり先生とお会いする。未幡20周年


通年
・わたゆりの連載を続けた: 8話分
・単行本:1冊
・わたゆりの翻訳版をたくさん発行していただいた

という年でした! 連載以外の活動も意欲的だったいっぽう、連載を2度休んでしまったので、 まずは連載を休まないように、を2020年の抱負といたします。

未幡を名乗って創作活動を始めて今年で20年になりました。ここまで続けて来られたのは、拙作を受け取ってくださる皆様がいたこと、運と環境に恵まれたことのおかげです。あとまあ自分自身のおかげです。これまで拙作を受け取ってくださった全ての皆様へ厚くお礼を申し上げます。そして未幡がこの20年をどのように活動してきたのかをざっくり振り返りますので、ご興味があればご覧ください。

1999~ ホームページ期

1999年3月、友人らの作る合同誌にイラストで参加させてもらい、その原稿会で決めた名前が未幡でした。その場にあったオレンジジュースのラベルの「果汁〇%未満」とそこの地名の「幡」を合わせて「未幡」としました。この年の10月にウェブサイト「N-28」を作ってイラストを公開し始めたこのころが創作活動の始まりです。絵描き友だちが出来たのが嬉しくてちょくちょく絵をメールをしたり、ウェブサイトも反応がいただけるのが嬉しくてじゃかじゃか絵を描きました。創作が楽しくてしょうがなかったです。2000年には初めて漫画を描きました。HxHの二次創作などです。漫画はアナログ、イラストはデジタル。主にウェブ活動で過ごします。

2003~ コミティア期

2003年3月、創作少女漫画を描いてコミティアに参加します。まるで売れなかった他イベントとは違いこの時は10冊くらい売れました。初参加サークルにもかかわらず。そのコミティアの創作への温かさ(貪欲さ)に感激し、ここからコミティアでコピー本を出し続けます。続けているうちにだんだんと本が売れるようになっていき、未幡が認知されていきました。漫画を描くまでも楽しいですが、コピー本を製造するのも、お店屋さんの内側をやるも楽しいのがイベントでした。なんだかんだで6年間x年4回のコミティアで新刊発行を続けました。えらい。

2009~ 百合アンソロ期

拙作同人誌を読んだ編集者の方に誘われ、2009年11月 百合アンソロジー「百合少女」(コスミック出版)にて「花筐」で商業デビュー。その後コミティアの出張持ち込みをきっかけに「ひらり、」(新書館)の執筆もさせていただきました。ちょうど未幡10年目の商業デビューでした。このころから漫画の作画をデジタルに段階的に移行しています。しかしアンソロ読切のお仕事で忙しいのも束の間、お仕事がコンスタントに貰えるわけではないので苦しくなっていきます。同じ場所に居続けるためにもっと全力で走らなくてはいけなかった。それが出来ずに仕事が減っていきます。4年半で読切10本。お仕事としてはもっと欲しい。

2014~ 百合姫期

連載のお仕事が欲しく各出版社で企画活動を進めるもうまくいかず。ひらり、が休刊してお仕事完全ゼロに。そんな折、百合姫に拾われ百合短編で初単行本「キミイロ少女」(一迅社)を出していただき、さらに連載企画の声もかけていただいて「私の百合はお仕事です!」の企画を始めます。その後短編集2冊目「少女²」を出してもらいつつ連載企画に取り組むも中々進まず。企画頓挫かという所まで追い詰められてから覚悟を決めて超頑張ります。頑張って連載企画が通り、その勢いで読切も2本描きます。そして2016年11月、コミック百合姫月刊化記念10本新連載作品の1つとしてわたゆりの連載を始めます。連載企画に足掛け2年かかってしまったのですが、現在それを越える3年もの間連載が続いています。この間で描いた漫画の量が人生で一番多いと思います。5年間で30本強位。

―そして今

そんな20年間を経て今に至ります。私は今、未幡として最も盛んにに活動しており、また最も多くの方に拙作を読んでいただけていると思います。私はそれがとても嬉しいです。創作行為はどんなに規模が変わっても、つきつめれば作り手と受け手の一対一のものです。しかしその一対一がたくさん存在してるということが私には単純に嬉しいですし、また一定の規模が成り立っていることで創作を仕事として続けていくことが出来ています。1999年の自分は漫画家になりたい気持ちはあれど、そうなれるとは思っていませんでした。今現在多くの方々に拙作を読んでいただけて、漫画家として商業活動を続けられていることにとても感謝しています。改めまして、皆様ほんとうに有り難うございます。

未幡の人生はこうもくっきり区分できるわけではなく、実際には色々な時期が重なり合っています。だいいち創作活動以外の学校やバイトといった私生活は丸ごと書いていません。それは未幡としての創作活動ではありませんが、未幡を形づくった私生活です。思春期も、出会いと別れも、幸不幸も、殆どこの20年に詰まっています。

私が未幡として皆さんにお見せしているものは、自分のある一面に過ぎません。ですが、描く漫画に込めているものは見せていない方も含めた全ての自分の一部です。これからどれだけ創作を続けていけるかはわかりませんが、少しづつ漫画に自分を込めていって、いつか自分を使い切って何も残らなくなるまで創作を続けていけたらなと思います。

2019/10/13 「N-28」20周年に際して  未幡

2019.5

ヴィレッジヴァンガード様主催 百合展2019 に「私の百合はお仕事です!」で参加させていただきました。 ご来場の皆様有り難うございました。

百合展グッズ、各会場で抽選販売したサイン本、会場風景の写真です。

『百合展2019わたゆりグッズ』
・描き下ろし陽芽美月姉妹Tシャツ
・描き下ろし両面アクリルスタンド
・缶バッジ2個セット(陽芽美月、純加果乃子)

百合展2019 【百合展2019】限定グッズ通販

All Entries (1/30)