Year: 2008~2011 (7/12)
百合アンソロジー ひらり Vol.1に漫画を描かせて頂きます。
4/25ごろ発売ですのでよろしければ是非!
とりあえず告知だけ先にしておきます。
トップ絵は登場人物の娘です。
百合アンソロジー ひらり
百合アンソロジー「ひらり Vol.1」

発売予定:4月25日ごろ
仕様:A5判/カバーつき
予価:980円+税
発行:新書館

新書館がおくる、少女たちのシュガータイム
女の子同士の 胸が痛い切なさと 甘いドキドキが いっぱいつまっています。

表紙:遠田志帆

<コミック>雨隠ギド/橋本みつる/御徒町 鳩/藤沢誠/未幡/石堂くるみ/スカーレットベリ子/TONO/前田とも/茉崎ミユキ/仙石寛子
<カラー口絵>古張乃莉
<小説>月村 奎+ねぎしきょうこ
秋は月
秋は月 2010.2.1 恒太シリーズ再録本第3巻「秋は月」の表紙(トリミング)です。
ついに第3巻にて「秋」まできました。
再録本のタイトルの規則がここらで白日の下にさらされてきました。



…と、

見立て殺人ってことが分かるわけですね。
「つまりまだ犠牲者は一人出る!」


描いた順も時系列だと思いこませるトリックで アリバイを確保できたら面白いんですけどね…。
いや、面白くはないですね…

N-28 サークルカット

2010/2/14 COMITIA91に参加致します。
恒太シリーズの再録本を用意しております。
既刊で、「春は花」(1~3話)、「夏ほととぎす」(4~6話)、新刊で、「秋は月」(7話~8話)の発行を予定しております。
新刊をお買い求め方に初回特典のポストカードをお付けいたします。

サークル名「N-28」
スペース「た24b」

明けましておめでとうございます。
ご存知トリ人です。
鳥人って書くとなんて読むか分かりにくいですよー。
悩んだ末、トリ人と表記しましたよー。
年末の話は年越しの炬燵の中ですべきであって、
昨年のことは昨年に忘れ置いてくるべきかもですが…

…ん?

わからない人は置いてきますよ!!

まぁM-1の話は置いといて。
改めまして、未幡です。
年末年始はさしあたって話すことなんか無いんですよー。
M-1の話をしてみたところでこの様ですよー。

とまぁ、こんな話を年始に書きたかったわけなのですけど、
気づけば2月。
年始気分も彼方に。
寒いですが皆さんお体にお気をつけて。
特典恒太と季穂 2009.11.12 恒太シリーズ「秋は月」の初回特典として配ったポストカードです。
前回のウェイター・ウェイトレスだった翠・千絵より、もう少し 文化祭的なエプロンの恒太です。
前回のウェイター・ウェイトレスだった翠・千絵より、もう少し 現代的な給仕服の季穂です。
幼いころ、失くし物をして見つからなった時、親を疑うと、よくこう言われました。
「同じ場所でも7回探してから人を疑いなさい。」
自分はちゃんと探した上で疑ってるつもりだから、そう言われるのが悔しくて、
じゃあ本当に7回探して見つからないことを見せてやるよ、
と再び探すと、まあ見つかるんですよね。3、4回探した程度で。

諺だの警句だのの中で、自分が幼いころから信用してる説得力のある言葉です。
最近そんなことを親に話すと、
「そんなこと言ったっけ…?」
「何それ、どういう意味?」
と言われました。

えー…

こんな場合は何を疑う前に、何を探せばいいんでしょうか。
今までのみんな
今までのみんな
今までのみんな
今までのみんなの対応 今までのみんな 2009.11.05 今まで描いてきた同人誌の登場人物のみんなです。
同じ話のシリーズは1枚の写真に纏めてます。
こうしてまとめてみると、
多いような少ないような。

まあ、少ないように見えますが、 この15枚は描くのに結構時間がかかりました。

著しくページデザインからはみ出してる巨大画像ですが、
大丈夫ですよね!

(2016/03/11 追記)
どの写真が、何の話だったのか、答えを追加しました!(今更…)

花筐 花筐 2009.10.27 「百合少女」に描かせていただいた漫画の主人公2人です。
オフホワイトって色で塗るの難しいなぁと思いました。
あ、オフホワイトです。
このベストの色はオフホワイトです。
そう思ってみれば、
きっとそう見えるはずです。
Year: 2008~2011 (7/12)
1...5678...12
top